自動車保険を選ぶなら

自動車保険の加入のうえで1番気になる事は金額かと思います。
一般的に保険会社から代理店契約がなされている会社と契約する代理店型と代理店を介さず直接保険会社と契約する通販型があります。
代理店を介さず加入する分通販型の方が保険料が安いです。
保険なんてどこで入っても一緒だし少しでも安い方がいいと思われてる方はけっこういらっしゃいますよね。
では、一体この2つは何が違うんでしょうか?
それは、対面による対応です。
通販型ですと手続きはネットで自分で行う事がほとんです。
さらには事故にあってしまった場合でもサポートセンターに電話を入れるのは同じですが、その後も見えない相手とやりとりをする事になります。
その逆に代理店との契約になれば困った時には代理店の方が保険会社との間に入って対応してくれます。

こんな事がありました。
事故を起こしてしまいサポートセンターに連絡をした所現場の状況を教えて欲しいと言われ説明をしました。
ですが、こちらは田舎になるためセンターの方にはどうも伝わりません。
実際に見に来てもらえればわかるのですが書面や電話でのやりとりがほとんどでした。
その後、金額は高いですが代理店と契約をしました。
同じように事故の説明は代理店の方に伝えると現場を見に行ってセンターの方に説明をしていただき自分で行う手間があまりありませんでした。

改めて感じたのは、「万が一の何かあった時の保険」ですからその時に気軽に相談が出来る代理店型の方が安心感が強いという事です。
事故で保険を使った場合今は「事故あり等級」と言って10等級だとしても進んだ等級の場合と使って下がった等級の場合だと割引が大幅に変わるそうです。
保険を使った場合と使わない場合での比較などわかりやすく説明してくれました。
やはり対面だと気軽に聞きやすいのがメリットです。
ただ、自分で全て行う事が苦にならず自分で保険がわかる方は通販型でもいいと思いますが、都心ではない方は任意保険ランキングは代理店型の方がおすすめだと思います。